脱毛体験Q&A

思春期に入るとホルモンの働きが活発になるらしく、その為に毛の濃さも量も変わってきます。

いままで生えていなかった場所に毛が生えてきますし、そのことに戸惑ってとんでもない自己処理の方法などを行ってしまう場合も多いようです。

「毛深くて虐めにあうんではないだろうか」と心配する親御さんも多いようです。

ただし女の子は特に虐めに遭う遭わないに関わらず、自分で気にしてとんでもないことをしてしまうことも多いのです。

自分が人より毛深いんじゃないだろうかとか、人が笑っているのではないだろうかとか。

概ね人は笑っていませんし、気にする程ではなかったりするのですが、自意識が過剰な時期です。

それで悩んでしまうんですね。

間違った自己処理に走りがちなんですよ。

お母様が早めに正しい処理方法を教えてあげてほしいなと思います。

一人で悩んでいるのもかわいそうなことですし、肌を傷つけて改善までに時間がかかってしまうようになってしまうほどの時もあります。

体験談をよむ

体験談を見ていると若い女性は、やはり間違った方法で自己処理をしていた人が目立っています。

取り返しが付かない事というのは基本的にないのですが、治すのに時間がかかるというものはあります。

色素沈着などは特にそうですよね。

治らないことはなくても、肌荒れなどに比べて時間がかかります。

色素沈着を起こすとレーザー脱毛や光脱毛を行う前に、色素沈着を改善するほうが先ということになります。

18歳までは出来れば電気脱毛やレーザー脱毛、フラッシュ脱毛を行わないほうがいいと言われています。

ホルモンの関係でまた生えてくるということもありますし、成長期はあまり人為的なことをしないほうがいいというのが定説ですものね。

自己処理の方法で、できるだけ肌の負担が少ない方法を教えてあげるというのがいいと思います。

ただし肌や毛質などによっては、早めに取り掛かったほうが心の負担や肌への負担が小さいということもあります。

お母様が気にかけてあげるということが先決かもしれませんよ。

18歳を過ぎると、自分の意志で電気脱毛でもレーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも行えるようになります。

情報を集めることも容易になるものです。

その時に体験談などを読んで、自分に近い体験などを元にすることでしょう。